検索
  • ホーリー代表

限りある時間をどう使うか

こんばんは。

金曜の夜の柔術練習がいま終了しました。

いつもの金曜日より少し参加者は少なめでしたが、その分

一人ひとりの動きも見ることができたので、すごく学びの多い時間となりました。

ご参加いただきありがとうございました。


私はよく練習生の皆さんに伝えていることがあります。

一回の練習は長くても二時間程度です。そして私のような専業柔術家でない限り

一週間で練習できる日数も週に2~3日でしょう。

そんな限られた少ない時間で技術練習の際やドリル(打ち込み)の時間を

ただ練習相手の受け手をやるのと、相手の手の位置・足の位置・プレッシャーのかけ方をよく観察し受け手をやるのでは、得られるものの数が全く違ってきます。

相手がパスガードの練習をしているのであれば自分の(頭の)中でディフェンスの練習もできますし、相手がガードワークの練習をするのであれば自分の中でアタックの練習やベースの練習もできます。

10分ずつ練習するのであれば頭の使い方次第で20分練習できます。

要するに「限りある時間をどう使うか?」です。

ただ受け手をやるのであればスタジオ内にあるダミー人形でできてしまうのですから

少しでも多く練習できるようにチーム全体で知恵を出し合って切磋琢磨したいですね。


すこし熱く語ってしましたが、みんなで上手くなれたら良いなとの思いをここに書きました。

ではまた明日、2クラスありますので皆さんのご参加お待ちしております。




閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示